Posted on 0 comments

ラルフローレンのファミリーセールに行ってきました

年齢を重ねるにつれて似合うおしゃれも限られるようになってきました。
以前は、雑誌やSNSなどに流行のファッションが掲載されていると「私も着てみよう」と思ってチャレンジしていましたが、最近では体重増加による体型の崩れもあり、「したいお洒落」と「似合うおしゃれ」に違いがある事がわかってきたのです。
そんな私が今好きなファッションブランドの一つが「ラルフローレン」で、近くにあるアウトレットモールにショップがあるので平日の昼間にお店をのぞいては似合いそうなものがあると試着を繰り返して、納得のいくアイテムだけを厳選して購入することにしています。
お値段が高いこともあり、一年に数着ほどしか買えないのですが、流行に流されることなく定番のアイテムが豊富で、そのうえに品質も良くてお気に入りです。
先日はラルフローレンからはじめて「ファミリーセール」の招待状が自宅のポストに届いて、コロナ渦の中で心配な面はありましたが、会場でも万全の感染対策を行っていると明記もされていたので予約をして行く事にしたのです。
ファッションブランドのファミリーセールに行くこと自体も初めての私は、始まる前からドキドキして興奮が止まらず、一緒に行った夫も「気に入ったものがあったら散在してしまいそう」とこぼしていました。
会場では、事前にQRコードで時間帯別に予約制を取り入れていたこともあり、混雑することなく会場にはいることができました。
広い会場内にはリネン類やアクセサリー、レディースアイテム、メンズアイテムなどにわけられており、夫と別行動でお気に入りのアイテムを見つけるべく物色することにしました。
この日は通常の「60%オフ」の値段で販売されていてどれもお得度は高かったです。
そんな中でも、コロナ対策の一環として試着ができないこともあり、私は洋服類の購入はあきらめて、以前から欲しかった「傘、日傘、手袋」の3点を「16500円」で最終的に購入しました。
どれも、いろいろなものと比べながら悩んで購入したのでお気に入りばかりです。
今日は、思いのほか散財してしまったので、明日からは身を引き締めて家計の管理を頑張ろうと思います。
でも、一年に一度ぐらいは値段を気にすることなく、自分へのご褒美のつもりで今後も好きなものを購入していきたいです。