Posted on 0 comments

わては春が大嫌いなんや!!

3月に入って昼間はずいぶん暖かくなってきた。外気温も気象台の気温が19くらいになっていて、実際にいる現場では20度を超えて車内だと30度に達する日も増えてきた。そんな暖かくなった3月だが、自分は3月と4月が大嫌いであるのである!!3月と4月が大嫌いになったのはほかの誰でもない!春が来た、桜が咲いたと騒ぐメディアとそれに感化された奴らがあまりにも多すぎるからだ!!ラジオの番組では曲のタイトルや歌詞に卒業とか春にちなんだ歌ばかりが流れるようになって非常にイラつく!!それよりももっとイラつくのが桜だ!!ただ桜自体は何の悪意もない。問題は桜を見て騒ぐ奴らの多すぎることだ!!桜を見て騒ぐのであれば、梅を見ても同じように騒がんかい!!同じピンクやないけ!!花を見て騒ぐのであれば夏はひまわり、秋は菊を見て同じように騒がんかい!!桜だけ見て特別扱いするな!!あほんだら!!さらにイラつくのが桜の下で食事をしたり宴会をしようとする奴らがいまだにいることだ。先日もとある公園の桜の下で未就学児の子連れで食事している母親の多いこと!!お前ら全員コロナでやられてしまえ!!ばかやろう!!だからさっさと桜のピンクの花を枯らして一年中緑の葉っぱにしなければならないのであるのである!!さらに憂鬱にさせてくれるのは気温が高くなるので直射日光もさらにきつくなることだ。それのせいで直射日光をまともに食らう午前中からお昼過ぎまではかなり暑くてつらいことこのうえない。5月を過ぎたら外にいれば35度を超える日も多くなるだろう。そうなると半袖でいてもかなり身体的にはつらい!だから個人的には建物の外ではある意味冬のほうがまだいいかもしれないと思っている。あれはあれで午前中は足元が冷たくてつらいのだが。どっちにしても建物の外にいるとまともな日が少ないのは言うまでもない。昨日の夜はおでんを食べた。今日の朝はパンにバナナを挟んでバナナサンドにして食べた。今日の夜は何が出てくるのか?